バイクに乗らなくてもバイカーファッションはカッコイイ!

 

最近では、タウンウェアとしても着れるようなバイカーファッションに人気があります。

 

いかにもライダーという感じではないタイプのバイカーファッションは、さりげないオシャレ感があっていい感じです。
もともとバイカーファッションとは、バイクを快適に運転できるファッションのこと。

 

たとえば、昔から良くあるバイカーファッションとしては、レザー製のライダースジャケットや、同じくレザー製パンツやブーツなどがあります。
いかにもライダーって感じのやっです。

 

ライダースジャケットとは、通常のジャケットと異なり、襟や袖口をチャックやベルトなどでしっかり閉じることのできるジャケット。

 

バイクに乗っていると、風をまともに受けることになるので、どうしても襟や袖口から冷気が入ってきて体が冷えてしまいます。
それを防ぐ工夫が、ライダースジャケットにはほどこされています。

 

 

 

レザー製のパンツやブーツも、やはり冷気が入りにくくなっていて、風の冷たさから体を守ることができます。
レザーだけでなく厚手のデニムも好まれています。
いずれも機能性が高いので、バイカーには人気があります。

 

また、バイクに乗らない人からの評判も良いです。
バイクに乗らなくても、バイカーのようなワイルドな魅力を出せますし、寒さもしのげるので、オススメのファッションなのです。

バイカーファッションの特徴

 

バイカーファッションには、バイカーからはもちろん、それ以外の人からも高い人気があります。

 

バイカーファッションとは、バイカーつまりバイク乗りに適したファッションのこと。
バイク乗りに適したファッションということは、ジャケットもパンツも、非常に頑丈にできているということがあげられます。

 

バイクに乗っていると、雨風を受けることで衣服が傷みやすい、コーナリングでは、膝の部分に穴が開いてしまうなどなど。
そのため全体的に、特に関節部分は、丈夫に作られているのが特徴で、バイカーファッションのブランドでは、そのあたりに一層力を入れています。

 

ウレタンのプロテクターが入っているものも多くあります。それでいて可動域は広く、身動きが取りやすくなっています。
加えて、より格好よくバイクを乗りこなせるように、デザインも洗練されています。

 

そのためバイカーファッションには高い人気があるわけです。
バイクに乗る時だけでなく、防寒用としてもレジャー用としてもオススメです。